ハーレーD.X.

ハーレー好きなら知っておきたい情報満載コラム

ハーレーでイグニッション移設を行うメリットの詳細や注意点

街路樹とハーレー

ハーレー乗りにとって愛車のカスタムは自身の個性を表現するための手段です。また、走行性能の改善を図る、実利的な目的もあります。

下からのぞいたハーレー

イグニッション移設を行うことによって車両構造に余裕が生じ、メンテナンスの手間が省けます。走行時に生じる負担も少なくなるので加速性が向上し、快適な走りを堪能することも可能です。ハーレーのイグニッション移設を安全に行うには車両構造を詳しく理解する知識とパーツの交換や位置の変更を正しく実行できる高度な技術が必須です。カスタムの経験が豊富なベテランでも決して容易な作業ではないため、愛車の安全性を保ちながらイグニッション移設を行うにはプロの業者に任せるのが賢明と言えます。

イグニッション移設を自分で行う場合、作業に使う工具やパーツを用意したうえで慎重に作業を進めることが重要です。
パーツの交換や固定はわずかでも不具合があると走行中に脱落し、大きな事故を引き起こすおそれがあります。また、走行性能も著しく低下するので固定させる際の位置合わせを疎かにしてはいけません。また、場合によってはパーツの塗装やクリーニングを併せて行う必要があります。
移設作業前のパーツに傷みが生じている場合、付近のパーツの動きに何らかの問題が生じている可能性があるので注意が必要です。不測の事態を避けるためにも、モデル別の車体構造の違いを正しく把握したうえでイグニッション移設に臨むことが重要と言えます。

クロームが綺麗

プロの業者によるイグニッション移設を依頼する場合、業者ごとに作業工賃や仕上がりの良し悪しが異なる点を注意します。
カスタムを満足できる仕上がりにするならハーレー乗りの間で評判が良いカスタムショップやディーラーを選ぶことを心がけてください。
優秀で信頼できる業者なら移設作業後のサポートも充実しているので、愛車に長く乗り続けることも不可能ではありません。些細な不具合に対しても真摯に対応してくれるので、費用が嵩んで手間がかかっても業者選びにこだわるのが正解と言っても過言ではありません。

メンテナンス作業